TEL:03-6869-4425

東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館5F

専門コラム「指揮官の決断」

  • 第156回:

    気候変動に関する危機管理上の問題 

    カテゴリ:コラム

    気候変動に関するムーブメント 9月23日にニューヨークの国連本部で「気候行動サミット」が開催されました。 アントニオ・グテーレス事務総長の呼びかけで具体的な行動について議論するために国連総会に合わせて開かれたもので、事務 […]

    続きを読む

  • 第155回:

    官僚制

    カテゴリ:コラム

    言葉が通じない! 当コラムは危機管理の専門コラムですが、注意深く読んでいただいている方は、当コラムが一定の傾向を持っていることにお気づきかと存じます。 執筆者が海上自衛隊出身であることによって、警察官や消防官出身のコンサ […]

    続きを読む

  • 第154回:

    なぜ戦いに敗れるのか 二手先を読むリスクマネジメント

    カテゴリ:コラム

    バブル崩壊にもリーマンショックにも収益を上げた企業の秘密 当コラムは危機管理の専門コラムです。したがって、企業が生き残るための様々なTipsを語っています。 一方で弊社は危機管理を専門とするコンサルティングファームですの […]

    続きを読む

  • 第153回:

    意思決定が行われる環境

    カテゴリ:コラム

    グレアム・アリソン『決定の本質』 意思決定論や危機管理論を学ぶ者にとってバイブルのような書物があります。 グレアム・アリソン著の『決定の本質』がその書物です。 1971年に初版が発行された古い書物ですが、いまだに色褪せる […]

    続きを読む

  • 第152回:

    GSOMIA破棄に見る「識者」とは 

    カテゴリ:コラム

    私の予想は見事に外れました 8月22日、韓国は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定し、翌日、駐韓日本大使を呼んで通告を行いました。 正直に申し上げると、私は韓国は破棄しないだろうと考えていました。 破棄す […]

    続きを読む

  • 第151回:

    落としどころが見えない? 日韓関係の危機

    カテゴリ:コラム

    危機管理とは何か 危機管理とは何かと問われることがあります。 これはある種禅問答のような問いであって、この質問に答える場合、私は相手の方がどのような意図でその問いを発しているのかをよく考えてお答えすることにしています。 […]

    続きを読む

  • 第150回:

    「表現の不自由展・その後」を危機管理の視点から見ると

    カテゴリ:コラム

    表現の自由に危機管理のメスを入れると 愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」という企画展が75日間開催の予定を3日で中止したことは皆様記憶に新しいことと存じます。 当コラ […]

    続きを読む

  • 第149回:

    君子は危うきに近寄るべきではないのか

    カテゴリ:コラム

    危機管理の話題としなければならない暑さですね 日照時間が極端に短い日が続いた鬱陶しい梅雨が明けたと思ったら、今度は気象庁が災害級の暑さと表現する猛暑が続いています。全国で熱中症による死亡が相次ぎ、確かに新たな形の自然災害 […]

    続きを読む

  • 第148回:

    尖閣諸島を実効支配? マジか?

    カテゴリ:コラム

    『サンデーモーニング』の一こま 日曜日の朝、あまり地上波のテレビを観ない私が時々観ている番組があります。 TBS系列で放送されている「サンデーモーニング」という番組で、政治や社会問題を主に扱い、様々な識者をコメンテーター […]

    続きを読む

  • 第147回:

    圧迫諮問

    カテゴリ:コラム

    人事制度は難しい課題 さて、今回のコラムタイトル『圧迫諮問』が何を意味するかお分かりの方がどれだけいらっしゃるでしょうか。 この意味は後ほどご説明いたします 最近の企業の新卒社員の採用方法は私が学生時代とはかなり異なって […]

    続きを読む